歯科にかかる目安は!?痛みがなければ受診しない?

歯科には色々な役割がある

歯科にかかる時はどのような状態になった時かと考えると、虫歯があって歯の痛みが出た時や親知らずが痛んだ時だと思っている人が多いと思います。しかし歯が痛くなくても歯科にかかる必要性がある時があります。ひとつは矯正をしたいと思った時で、小さな時期から矯正をする場合には乳歯の頃から歯科にかかりはじめます。乳歯から永久歯に生え換わる時に歯並びが決定しますが、永久歯が入りきらないと判断された場合には、歯の生えるスペースが大きくなるような処置を行います。永久歯が生えてから矯正を行う場合には矯正器具をつけて歯の位置を適正な位置にずらします。歯科には歯の並びを良くするという役割もあります。

予防的に歯科に通うことも大切

他にも歯科の役割はいくつかあり、ひとつが定期的に通うことで口の中の異常を早めに発見するという役割です。これは予防歯科とも呼ばれるもので虫歯はもちろんですが歯周病の予防にも役立ちます。成人のほとんどは歯周病を持っていると言われており、歯周病が悪化すると歯が抜け落ちてしまい自分の歯で食事ができなくなります。これを予防するためには歯石が溜まらないように定期的に歯石ケアを行ったり、洗い残しがないかを専門家の視点でチェックしてもらうということが必要です。また他にも歯や歯茎の異常があった場合には、痛みなどが出る前に発見することで悪化を防ぐ効果もあります。このように定期的に歯科にかかって口の中の状態をメンテナンスすることは、歯の健康にとっても重要なことです。

荻窪での歯科は急な虫歯の痛みなどでも早急に対応します。また夜遅くまで診察している歯医者もたくさんあります。