肥満治療は甘いもの厳禁?好きなものは食べられる?

食べたいものの種類の制限は少ない

ダイエットの方法として、糖質制限ダイエットがあります。炭水化物や糖分の摂取を減らしたり全く行わずに行うダイエット方法です。効果はそれなりにあるようですが、ご飯やパン、麺類、その他お菓子類などは積極的には食べられません。甘いものが好きな人にはつらいダイエットといえます。病院に行くと肥満治療が受けられます。医師や管理栄養士の指導の下で一定の食事の管理を受けて生活をしていきます。痩せるには糖質を制限しないといけないと思うかもしれません。実際は必ずしも糖質を制限したり肉類などが制限されるわけではありません。大事な点は、一定のカロリー内に抑えてバランスのよい食事です。量は減ったりしますが、ケーキを食べてはいけないわけではありません。

今の摂取カロリーをチェックして正常に戻す

スポーツ選手の中には体重を増やすのに苦労をする人がいます。食べて体重を増やすにはそれなりのカロリーが必要で、カロリーを減らすとどんどん減ってしまいます。これは肥満状態の人にも言えます。もし肥満状態の人が正常なカロリーに戻せばかなり簡単に痩せられるでしょう。でも今の食生活が普通と思っていると、正常な食生活だと物足りなく感じてしまいます。肥満治療においては、まず今の摂取カロリーのチェックを行います。そして正常な摂取カロリーも知り、カロリーの取りすぎを少しずつ改善していきます。医療機関によって減らし方は異なりますが、一気に正常通りのカロリーにするところもあれば、少しずつ減らして正常のカロリーに戻そうとするところもあります。

肥満治療は、BMIと呼ばれる肥満指数を改善するための運動や適切なカロリー管理を行う事が多く、真面目に取り組めば標準体重であるBMI25に近づく事が可能です。