安定した噛み心地のために!インプラント治療の流れ

噛み合わせを維持するために必要

インプラント治療は歯を失ったときに行う治療の一つです。歯を失うとその部分に代わりの人工の歯を取り付けなければ歯並びが悪化するリスクがあります。入れ歯やブリッジなどの方法がありますが、装着したときに違和感があるなどの問題点もあります。インプラントについては人工の歯を取り付ける土台を患者の顎の骨にすることで安定した噛み心地を実現できることがメリットです。

治療の流れと終えてからのこと

インプラント治療では土台となる人工の歯根を顎の骨に埋め込む必要があります。つまり、設備が整えられている医療機関を受診する必要があります。治療についてもまずは診察を行い、人工の歯根を埋めるために必要な検査を受けることになります。つまり、数回の通院が必要です。実際に人工の歯根を埋め込む治療は日帰りで受けることができます。人工の歯根は顎の骨と親和性が高いチタンが使われていて、顎の骨と結合します。結合が確認できれば人工の歯を取り付ける治療を行います。症状にもよりますが、人工の歯根を埋め込んだその日に仮の歯を取り付けることも可能です。そうすることで日常生活に与える影響も最小限とすることができます。人工の歯を取り付ける際には噛み合わせを考えて微調整を行います。人工の歯根も歯も人工物なので細菌の感染に気が付かないという問題点があるので、定期的なメンテナンスを受けるとともに、毎日のこまめな掃除が長い期間安全に使用していくためのポイントであると言えます。

三鷹のインプラントは3次元のCTを持っています。歯の神経や血管を詳しく分析できるのでトラブルのない手術ができます。